pianotapメモ

pianotap

高専生の編入生活体験談 (4)岐阜大学工学部 情報コース

こんばんは。虚無です。

 

第4弾もぞくぞく開催します。

 

岐阜大学 工学部 電気電子・情報工学科(情報コース)

 

出身学科と、進学先は?

電気・情報系

岐阜大学工学部 電気電子・情報工学科(情報コース)

 

大学ではどんなことを学習するの?

オーソドックスな情報科という感じで、高専時代の専門科目と授業内容や難しさも丸かぶりしている。しかし、先生の説明は高専ほど分かりやすくも優しくない。高専は練習問題や解説が充実していたが、大学ではそういった優しさなしにいきなりテストが襲ってくる。内容的には高専と変わらないため、高専で余裕でついていけた人は余裕。物理、数学は重視されていない。

単位認定では3年生の単位は認定されないため、高専でやった内容でも改めて学習する。電磁気や電子工学など電気系の科目は2年生までの科目で単位認定されるため、情報系の科目のみを履修する。

 

高専では何をしていた?

委員長をしていた。外部への制作発表の際には、まとめ役として活躍した。ゲームもせず、毎日学校に生き、起きてノートを全部取り、見せろと言われれば見せ、そんな毎日だった。技術的なことでは、教室の余ったプロジェクターとラズパイを使ってデジタル掲示板などを運営していたが、コンスタントに何かを制作していたわけではない。

 

受験した大学は?

岐阜大学工学部 電気電子・情報工学科 推薦(合格)のみ

 

なぜ大学に進学した?なぜその学校を受験した?

低学年の頃から大学進学へのメリットを散々聞かされ、自分もそれに納得していたため。特に目指している大学はなかった。成績はある程度の学校の推薦を狙える程度だったため遠くの大学も考えたが、金銭的にも精神的にも楽そうで、家から通える最も近い大学にした。あと楽なため。

大学院への進学等を考えた場合、他大学の先生と高専の先生はつながりが薄いため、専攻科でなく大学に行ったほうが大学院を目指すときの道が広がると考えた。

 

大学の学生の雰囲気は?

情報コースに限れば、全員一般人。パリピもオタクもいない。めっちゃ普通の人しかいない。グループワーク等もほとんどないため、サークルなどに入らない限り研究室が決定するまで全く関わる人がいない。でもみんな一般人だから、一般人なりのコミュニケーションをしてくれる。ちゃんとノートを取るし、わりと皆真面目。先生の授業が優しくない分、頑張って理解しようとする姿が見て取れる。周りに害を与えず、特別目立つこともなく、とんでもない授業でも単位を落とすことのない学生ばかり。平和です。

 

授業数は?

3, 4年で卒研を除きおよそ17コマを履修する。+3年後期から研究室に仮配属されるため、基礎的な活動

内訳は、

実験  |5コマ

専門科目|10コマ

英語  |2コマ

一般教養科目は自動的に全部単位認定され、専門の基礎科目は情報コースのみ全部認定。基礎科目以外はシラバスと照らし合わせるため、高専の授業内容によって大きく(~-15)変わる。自分は最も多く認定され、97単位だった。

 

授業や課題は大変?

高専やった内容ばかり。すでに理解している人は多いと思うため難しくないが、教え方が致命的(ただし人による。)課題はそんなにない。特に実験がないため、レポートもなく楽。

研究室の選択は3年前期までのGPAのみで決まるため、編入生は前期の成績で決まる。研究室訪問に行ったところしか希望できない。

 

大学院進学は考えている?

進学を予定しているが、他大学への進学を考えている。学生は悪くないと思うが、授業の質が低すぎる。

内部進学については、推薦制度はあるが、一般で受験してもほぼ受かるという。

 

学生寮は?住んでいるところは?

自宅から通い。寮はある。

 

周囲の環境

大学から自転車圏内で大きなショッピングセンターがある。大学の近くにはある程度飲食店がある。ただし大学が岐阜駅から遠いため、車がないと遊びに行くのは難しい。学内に駐車場があるが、4年生以上しか止められない。(大学の外に民間の駐車場がある。)まあ普通に田舎。

 

後輩に伝えたいこと

余力がある人はもっと頑張って別の大学を目指したほうがいい

 

【深い】メディア情報学とは何か考えさせられる……

しゃつです。後期に入ってからとんでもない生活を送っている僕の1週間を紹介します。 

 

11時に起きてカップラーメンを食べる

あたりを散歩する

飽きたら家に帰ってらき☆すたを流しながらぼーっとする

晩ごはんを食べて友達のゲーム実況を見る

眠くなったら寝る(23時) 

 

1限 英語 窓際でぼーっとする

2限 実験 パソコンを眺めてぼーっとする

3限 実験 寝て起きてソースをコピペしたら終わる

4限 専門 寝る

帰ってご飯食べて今期のアニメ見て寝る(23時) 

 

11時に起きてカップラーメンを食べる

バイト先に向かって2時間バイト

帰ったらご飯食べて課題やる

らき☆すた流しながら寝落ち(23時) 

 

10時に起きて学校へ行く

ゲーセンでゲームする

学校のパソコン室でYouTubeを見る

13時から友達のパソコン作業を眺める

5限 英語 窓際でぼーっとする、時々おしゃべり

その後学校で説明会があったため、SS読みながら聞いてピザ食べて帰宅

帰ってらき☆すたを流しながら課題を眺める

24時に就寝 

 

11時に起きてカップラーメンを食べる

布団の中で心を無にする

17時から立川に散歩しにいく

19時から友達とラーメン食べて音ゲーする

あてもなく駅前をふらふらする

24時に帰宅してらき☆すたを流しながら寝落ち(27時) 

 

 

 

<ネット上での俺の反応>

人間の生活とは思えなくて草

こいつゴブリンなんじゃねえか?

同じ大学生として恥ずかしいな

ニートと何が違うんだ?俺には分からん

メディア情報学とは何か、大学とは何か考えさせられる…

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

   ____  
   /      \
  /  ─    ─\     そろそろまともに生きないとまずいかと思ってたけど
/    (●)  (●) \   下には下がいて安心したお
|       (__人__)    |   明日からもニートを満喫するお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /  

 

            /)    __
           ///)/   \
          /,.=゙''" /   _ノ  \
   /     i f ,.r='"‐'つ  ( ●)(●  お前もそう言ってくれて安心したよ!
  /      /   _,.-." ::::::⌒ (__人__) 今夜は俺たちの無職を祝って宴会だ!
    /   ,i   ,二ニ⊃     |r┬-|  ぉら酒持ってこいよ!!(床ドンドン
   /    ノ    il゙フ. |     `ー'´}:
      ,イ「ト、  ,!,! .  ヽ        }
     / iトヾヽ_/ィ"   ヽ      ノ

高専生の編入生活体験談 (3)豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学課程

こんにちは。学校が始まりましたね。

 

第3弾もぞくぞく開催します。

 

豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学課程

 

出身学科と、進学先は?

電気・情報系

豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学課程

 

大学ではどんなことを学習するの?

電気回路や電磁気などの専門科目は少なく、確率論や量子力学など数学・物理の基礎となる科目が多い。



高専では何をしていた?

音ゲーに打ち込んでいた。特に発狂BMS電験3種も頑張った

 

受験した大学は?

豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学 特別推薦(不合格)

→同 推薦(合格) のみ

 

なぜ大学に進学した?なぜその学校を受験した?

周りの雰囲気に流された。特に高専の先生に進学派が多く、迷っていた人の多くが進学を選んだ。

寮費が安いため。また、将来自動車関係の職につきたいため先生と相談した結果、豊橋技科大が有利という結論に至った。

豊橋技科大の特別推薦はお偉いさんとの面接があるが、受験の申込書や面接で博士課程への進学意思を聞かれる。特別推薦は博士課程への進学を前提としているようで、進学すると言っておかないとまず落ちる。

 

大学の学生の雰囲気は?

電気・電子情報だけで言うなら、1割がガチのオタク、2割が隠れオタク、3割がパリピ、残りはオタクに理解がある一般人。高専の延長線上だと思わないほうがいい。オタクへの理解はあるものの、一般人が大多数を占めている。機械や情報も似たような感じ。環境や建築は

授業態度はすこぶる真面目。講義中にスマホを触ることもほとんどない。一般人やパリピみたいな人ほど真面目に受けていて、成績も高い。テストが過去問だけで解けるようなものだと出席だけして帰ることもあるが、基本的には上手に立ち回っている。オタクは成績が悪い傾向にある。

電気・電子情報は特に真面目で、テスト前に図書館に行くと深夜まで席が埋まっている。一般人は数人のグループで常に固まって勉強している。

パリピは酒もタバコもパチンコもする。でもオタクに理解はある。

休みの日はバイトをしている人が多い。特に内部生は車などの交通手段を持っているため、遠くでもバイトできる。3年前期では編入生は交通手段を持っていない人が多く、バイトをしていない人も多かった。

編入生ばかりのためか、非常に学生同士で仲良くなりやすい。孤立した人はほとんど見当たらない。

体育会系の人が多い。ほとんどの人が1個以上の「持ちスポーツ」を持っている。

 

授業数は?

3, 4年で卒研を除きおよそ31コマを履修する。+4年後期に1ヶ月半の長期インターンに行く。

内訳は、

実験  |6コマ(ただし4年前期に卒研に近い実験が3コマある)

専門科目|10コマ

文系教養|4コマ

英語  |4コマ(TOEIC 550で1コマ減り、730で2コマ減る)

理系教養|7コマ

技科大は単位認定が一律65単位であることに加え、半期1.5単位の授業が存在するためにコマ数が非常に多くなる。特に電気・電子情報は3年前期に授業が集中し、21コマになる。

 

授業や課題は大変?

授業のレベルは高くないが、3年前期には大量の課題に加えて実験レポートで手一杯になる。ほとんどの授業で毎週課題が出される。テストはやや難し目の科目もあるが、採点は甘め。高専を卒業した人なら頑張ればなんとかなる。頑張らないとなんともならない。

入学時にTOEICを受けさせられるが、規定の点数(350-400程度)を下回った場合には単位にならない英語の授業が増える。しかもその授業が英語の中で一番厳しく、課題が多い。

3年前期にはほとんど授業が選べない。後期からは必要科目数の2倍くらいの候補から選べる。

クォーター制の科目もある。ただし1クォーター内で週2コマ2単位になるのではなく、週1コマ1単位、つまり8回の授業で1単位となる。

 

大学院進学は考えている?

そもそも技科大が大学院進学を前提としている大学のため、ほとんどが院に進学する。とはいえ、中には学部で就職を予定している編入生も存在する。院試のシステムは不明だが、専門科目でまともな評定が取れている場合は英語だけ受験する模様。基本的にはほとんど全員通る。

 

学生寮は?住んでいるところは?

学生寮がある。

A-D棟は学部生用、Eは院生用。A-D棟はあまり広くない。(シングルベッド4つ並べたくらい)洗濯機と乾燥機は使い放題。各棟にシャワー室があり、それ以外にも共用棟に大きな浴場がある。どちらも基本的には空いている。食事については3分の1くらいの人が共用スペースで自炊している。

f:id:pf39:20181013182446j:plain

 

周囲の環境

自転車で移動する人もいるが、ここでは原付がないと生きていけない。最寄りのコンビニまで自転車で4分。イオンで日用品は揃うものの、学校が坂の上にあるため自転車での移動には困難が伴う。ゲーセンは近くにある。ラウンドワンにも原付で行ける(しかもスポッチャもある)。とにかく原付がないと何も始まらない。

豊橋駅周辺は栄えているため、店は充実している。

 

後輩に伝えたいこと

うちには来るな。忙しすぎる

 

高専生の編入生活体験談 (2)九州工業大学 情報工学部

こんにちは。夏休みももうすぐ終わりですね。

 

第2弾もぞくぞく開催します。

 

九州工業大学 情報工学

 

出身学科と、進学先は?

電気・情報系

九州工業大学 知能情報工学

 

大学ではどんなことを学習するの?

基本的には他の情報系学科と変わりないが、昔流行った人工知能技術関連の授業が多い。

例えば、パターン認識や知識ベースプログラミング、推論など。また、これに関連してオートマトン理論などの計算理論にも重きをおいている。



高専では何をしていた?

なろう、スマブラ、セルフプレジャーに日々勤しんでおり、授業をサボりラーメンを食べに行って人の課題を写すような不まじめな学生。

 

受験した大学は?

九工大 推薦(合格)のみ

 

なぜ大学に進学した?なぜその学校を受験した?

周囲のノリで進学にした。

自分の興味がある研究を行っている研究室が唯一であったことと、受験難易度が簡単だから。

受験は行列の対角化と、簡単なプログラミングの口頭試問を行った。

 

大学の学生の雰囲気は?

友人がいないため不明

意識高い系学生は全体の5%ほどであると推測される。

授業態度はあまり高専と変わらないが、真面目に聞いている人も多い。

 

授業数は?

3, 4年で卒研を除きおよそ25コマを履修する。内訳は、一般教養3コマ以外は全て専門科目を履修した。

なお、専門科目の一部選択科目群では、単位認定で余った単位(学科に関連するが、大学側に適切な科目がない科目)を大学の単位として変換できる(包括認定)。普通の単位認定では「高専の科目A」と「大学の科目B」を対応させて認定するが、この認定方法では「高専の科目A」と「大学の選択科目n単位」として認定される。

これによって上限の80単位に近い単位数を獲得できる。

 

授業や課題は大変?

一般教養科目は同じ時間に開講しており選択する必要があるが、専門科目は1つの時間に1コマしか開講していない(裏科目が存在しない)ため選択の幅は広くない。そのため、編入生などは同じ時間割になることが多い。またクォーター制なので1つの授業が一週間に2コマある。

JABEE準拠なため評価方法はシラバスどおりであり、基本的には定期テスト+課題点で評定が決定する。ただし、一般教養科目や集中講義科目はレポートで評定が決定する場合がある。授業内容や課題の難易度は普通で、授業プリントやノートを見返せば十分着いていくこと、解くことが可能である。易しすぎることも難しすぎることもない。JABEEに準拠しているため、過去問を手に入れしっかり勉強すれば「秀」判定も十分狙える。

出席は一部講義を除いて、電子カードで出席するためいわゆる「ピッ」で出席を終えることも可能である。課題プリントの確保さえすれば、授業カードを通してサボることも可能だがやっている者は少ない。

実験に関しては学科によって大きく異なる。弊学科では、前期は全員同じ実験を行い、後期は選択して実験を行う。実験内容は簡単なオブジェクト指向プログラミングやネットワーク構築なので、周りと協力すれば難なくこなせると思われる。

 

大学院進学は考えている?

編入生は内部推薦が受けられないため、今のところは半々。高専在学中は修士又は博士を考えていたが、奨学金の返済が高額になるため、今は積極的には考えていない。

 

学生寮は?住んでいるところは?

ヤンキーアパート。学生寮はない。家賃は田舎並み。

 

周囲の環境

大学が坂の上にあるため、毎日通うことが大変。徒歩や自転車通学を考えてる人は一度大学に行ってみて、毎日坂を上がれるか考える必要があり。キャンパス内も坂があるため階段を登る機会が多い。健康志向の方にはオススメかも知れない。

大学から駅は約3kmと遠いためアクセスは最悪。基本的に公共バスか、大学からでているスクールバスで駅まで行くことになる。

近くで栄えているのは博多だが、駅から45分かかる。大学の周囲にはスーパー、薬局、コンビニ、郵便局があり生活に困ることはないが、他には飲食店とカーディーラーショップしかないため遊ぶ場所は皆無。無駄に車の通りも多いため一言で言うと、ただの鬱陶しい田舎である。車やバイクなどの乗用車を持っていなければ絶望しか無い。

またアパートによっては雑木林などと隣接しており、蛾、コオロギ、ムカデ、ゴキブリなどの昆虫パラダイスが待っている。

そのため、車などを持っていない場合、環境面だけで見るならば他の大学のほうが良いかもしれない。

 

後輩に伝えたいこと

TOEICは早くやっとけ



高専生の編入生活体験談 (1)電気通信大学

こんにちは。

 

この企画では、「なんでもない高専生」の「入学したその後」にフォーカスして編入生にインタビューを行います。

 

第1弾はセルフインタビューです。ご容赦ください。

 

電気通信大学

 

出身学科と、進学先は?

電気・情報系

電気通信大学 I類 メディア情報学プログラム

 

大学ではどんなことを学習するの?

電通大は他の大学よりも細かく分野分けされた学習プログラムが組まれている。例えば、

●メディア情報学

●経営・社会情報学

コンピュータサイエンス

●情報通信工学

のような14のプログラムで専門的な内容を学習する。

 

他大学の情報系では3年生までで計算機科学や通信、プログラミング等を広く学習するが、電通大の情報系では2年までにそれらの内容が詰め込まれ、3年生では分野に別れた内容がほとんどとなる。

例えば私の所属するメディア情報学では、映像を作る、メディアプログラミング、広告の分析などの授業がある。3年次で編入すると、基礎的な情報系科目は一通り学んだ前提でカリキュラムが組まれているため、同じ内容を2度学習することがほとんどない。

メディア情報学に関しては、上述したような専門学校のような授業が多い。それが良いか悪いかは個々人の感性だが、勉強にはならないという意見が多い。

 

高専では何をしていた?

音ゲーに人生を捧げた。少々の資格をとった程度で自主的な制作活動等はほとんどしていない。音ゲーの新曲が出れば学校をサボってゲーセンに行き、課題が出れば人のを写す充実した生活を送っていた。晩年はきららアニメにハマり、家に帰るとすぐにベッドに寝転がりきららアニメを流し続けていた。

 

受験した大学は?

豊橋技科大 GAC一般 情報・知能(不合格)詳しくは過去記事

電通大 推薦 I類(合格)詳しくは過去記事

 

なぜ大学に進学した?なぜその学校を受験した?

大学に進学したのは就職したくなかったから。そして東京で遊びたかった。そして強いオタクに会いたかった。

 

大学の学生の雰囲気は?

オタク。きっとどこの高専もオタクだと思うが、あたりを見回しても一人もパリピがいない。高専のときよりも深いオタクがチラホラ見受けられる。

電通大は1年と2年と3年でクラス分けが全く異なり、そのたびに新たな人間関係を作る必要がある。しかし学生は疲弊しているため、結局前の学年で同じクラスだった数人の小さなグループで固まっている事が多い。学科という大きなくくりでみたときのコミュニケーションは皆無に近く、隣の人に話しかけるのでさえも相当の勇気がいる。

グループワーク等も少ないため、学科の同級生と仲良くないことのデメリットは少ないが過去問も全く回らないし先生vs学生の雰囲気を感じない。

仲間を作りたい場合はサークルに入ることを強くおすすめする。編入でも仲間として暖かく迎えてくれる。オタクが仲良くなるのは趣味が一番!あとTwitterで同じ学科の同級生が一瞬で見つかるのでフォローしておくと良いのかもしれない。

私の所属するメディアに限ったことを言えば、自分でUnityなどのメディア技術を勉強している人が非常に多い。いわゆる「強いオタク」は高専のときより遥かに多く、かつ見つけやすい。

 

授業数は?

3,4年で卒研と輪講を除きおよそ25コマを履修する。内訳は、

専門科目|8コマ

実験  |4コマ

体育  |2コマ

一般教養|4コマ

数学  |1コマ

英語  |2コマ

自由  |4コマ

とはいえ、多くの人は3年までにすべての単位を取り切る。週13コマ程度になると思われる

 

授業や課題は大変?

専門科目は30科目程度から選択できるため、簡単なものも難しいものもある。毎週課題に1時間取られる科目もあれば、毎回出席さえしていれば簡単な期末レポートを書くだけでOKな科目も。大学はテスト一発勝負な科目ばかりではなく、課題やレポートのみで評価される科目もある。

テストは高専と比べると難しいが、やや相対評価ぎみであるため低い点数をとっても単位が来ることが多い。編入生であれば特に心配はない。高専よりは対策すべき科目数が少なくなるため、耐えられる範囲だと思う。とはいえ、高専よりは忙しい。平時は課題に追われ、テスト前は期末レポートとテスト勉強で大変は大変。

私の所属するメディアに限ったことを言えば、ぬるい授業を取って不真面目な友達と交代でノートを取っていれば高専の頃くらいの負荷になる。出席を取らない(もしくは代返がかんたんな)授業も多いため、サボりまくれて最高。

実験に関しては、学科によって大きく異なる。情報系ではプログラミングがほとんどである。基本課題と発展課題があり、簡単な基本課題をやれば単位が来る。発展課題は加点になるが難しい。高専でやった実験のようなレポートチックなものは多くなく、書いたプログラムだけ出せばOKの実験もある。メディア、経営に限ったことを言えば、基本課題は授業内でレポートが出せる程度には簡単。

 

学生寮はどう?

電通大には3種類の寮がある。

●五思寮(古い、めちゃ安い、いわゆる寮、汚い)

●ポート絆(付近のアパートよりは安い、アパート的な感じ。キッチンもあってかなり綺麗)

●ポート友達(5人でのシェアハウス型、かなりきれい)

特に下の2つは去年できたばかりのためピカピカ。玄関からコンビニまで徒歩20秒で、大学が持つ寮としては非常に良い部類に入ると思う。

寮に住んでいる人はあまり多くなく、2-3駅離れたところに住んでいる人や、実家から通っている人も。

 

周囲の環境

関東に住んでいない人は調布市なんて聞いたこともないと思うが、新宿・渋谷から西に20分で特急が止まり、駅前も百貨店などでにぎわうそこそこの街である。駅から繁華街を通って徒歩7分程度で大学であり、アクセスも容易であるし食べる店も困らない(もちろんラーメン屋はたくさんある!)スーパーやマック等日常生活に必要な店は学校への通り道にあり、店についてはなんの不自由もない。

都心へのアクセスは良好かつ安いが、中央線沿線(立川とか)はちょっと行きにくいかも。

 

 

 というわけで、第1弾は電気通信大学でした。次回に乞うご期待

テスト・期末課題雑感

夏休みですね。

 

●メディア分析法
レポ★★☆☆☆
う~~ん、神!
授業のまとめをゴミみたいな文章にして、ゴミみたいな実験をやれば単位が来るので専門科目ダントツの楽単。評定も優までは取りやすい
ただし出席を取るのでうまく友達と協力しないといけない

 

メディアリテラシー
動画制作★★★☆☆
動画制作の方法を何も教えてもらわずに作れと言われるので、かなりキツイ。まあ何作っても可はくるっぽいのである意味楽単。評定は事実上ガチャ。出席あり。代返可。

 

エートス
レポ★★★★☆
正直意味わからん。意味わからんから何もかけなかった。哲学に興味ないとかなりキツイ
単位取得は難しくないが、もっと楽な上級科目はある

 

●実験Scheme
レポ★★★☆☆
だいぶ意味不明だが、授業資料に書いてあることを写すだけなら非常に楽。言語実験は人生で最も丁寧(かつ簡単)な実験だった

 

●OS
テスト★★☆☆☆
過去問に非常に似た問題(若干難化)。課題と授業スライドからまんま出題されていたが、授業中のスライドがハイスピードなためノートを取るのが厳しい
出席もなく、真面目な友達と過去問があれば楽単。若干課題が多い

 

●情報と職業
テスト★☆☆☆☆
当たり前のことを聞く意味のないテストで、出題意図が完全に不明だった。普通にやっていると良がつくという前評判どおり、全員に正解させて良を取らせるための問題なのかも。評定はきっとみんな良
どちらかというと楽単。グループ発表があるものの、

 

●経済学
テスト★★★☆☆
プリントの内容を論述で答えさせる問題。プリントにはキーワードしか記載されていないため、そこからストーリーを組み立てるのが難しい。
単位取得は標準的。出席はないものの、穴あきのレジュメを埋める必要があるため友達と協力する必要あり

 

社会学
テスト★★☆☆☆
ほとんど過去問どおり。ひねった問題は出題されなかった。
単位取得は標準的。ノートを取る必要があり、出席もあるが、ノート持ち込みはコピー可、代返も可能。評定は取りやすい。

 

●総合コミュニケーション科学
レポ★★☆☆☆
授業資料をネットに上げてくれないのが💩すぎる

 

●ビジュアル情報処理
レポ★★★☆☆
「画像処理か3DCG」という曖昧な指定のため、どれほどの質が求められているのか分からなかった。いくらでも力の入れようはあるよね
課題が多く、単位取得は大変。言われたことちゃんとやってれば取れる

 

●OR第一
テスト★☆☆☆☆
テスト前に配った模擬問題の数値が変わっただけだった。楽単枠(しかも評定も狙える)。ただし出席代わりの授業内演習があるため授業のラスト30分は出席する必要あり

 

●技術英語(デブロ)
プレゼン発表★★★☆☆
英語のうまさよりはプレゼンのうまさで評価が決まる模様。
課題が多い。出席必須。代返不可。毎回出て宿題出せば単位は来そう。でも地獄。授業中も地獄。熱湯風呂の刑

 

●ヒューマンインタフェース
テスト★★☆☆☆
過去問まんま+計算すれば解ける問題。テストは楽だが、重い課題が毎週出て辛い。しかも出席あり。単位取得はかなり面倒だが、過去レポがあれば評定を取るのは楽ちん

 

 

総括

高専時代に比べるとレポート課題が多く、テストが少なかった。テストも幅広く理解を問う問題ではなく、ある1部分をピックアップしたような問題で非常に答えにくい。大学の評定の取りにくさを痛感

あと友だちがいれば無限にサボれるシステムには感動しました。でもそういう不真面目な友達を作りにくい空気が学校全体に漂ってる。みんな真面目