しゃつです

pianotap

テスト雑感

週の後半に負荷がかかり気味のテスト日程。週またいだ火曜に難所を作ってほしかったが、そもそも際立って難しい科目がなく、それなりに難しいものが何個かあった

通信工学が今までと異なる傾向のため救われる人がいるかも。と思いきや応用数学で殺しにかかってきてるので慈悲はない

留年者が出ないことを祈ります

 

・ドイツ語

予想された最良の形。覚えてればちょろい

若干暗記量が多かった。課題プリントが冗長すぎるから過去問オンリーでおk

 

・電気材料

予想された最良の形。中間に比べるとかなり覚えやすかった

 

・法学

ペッペッペッペッペッペッペッペッブォーーーン

糞糞糞糞

予想されなかった最悪の形。先生「教科書読んどけば解ける」→解けません。運要素maxの重いクソ問でした。

論述もなにげに重い。文字数減らして

 

・通信工学

いつも通り「簡単にしてるつもりなんだろうけど逆に意味わからない問題」と「変なところに数学の知識を突っ込んでくるクソ問題」のオンパレード。とは言っても60点は課題そのまま出てるので上位に差がつくか?

 

 

・情報数学

 レアキャラ「RSA」出現。若干難化だがすべて基礎問題

 

数値計算

 課題で難しい問題を出しておきながらテストには公式もアルゴリズムも記載。計算の正確さだけが求められる算数の試験だった

 

情報理論

過去問通り。ちょっと変えてくるけど出る範囲が限られている

ハミング符号の行列は授業であまり触れてない割に重い出題だった。

 

・電子工学

 いつも通り…かと思いきや知識問題で過去問にないものが出現!授業で散々言っていたので真面目に聞いていた人は出来た…?最後に有終の美を飾ってきた

 

・富田数学

 怒るPSYCHO-PASS、大幅に難化

プリントまんまは40点分のみ、他は部分分数分解もしくは微積分公式など編入数学をやってないと厳しめ。計算量が多く、見直しの暇はなかった。極めつけは問題1「最終的な答え以外は採点しない」

クラスの編入パワーが上がってきているから平均は絶望的な数字にはならないと思うが、二極化が進みそう

 

・英語

 予告どおり。予想されてた箇所から出たらしい

twitterをやってた人は救われた…!?

 

・シャム(応数D)

いつも通り。複素積分は問題ごとに計算方法が似てるので覚えやすかった

 

・言語理論

いつも通り謎。90点は過去問で対応できるが、「言語理論脳」(別名exit脳)で考えさせられる問題が特殊。

 

・応用物理

やや問題が改変されていたものの、ほぼプリントどおりの「甘い」試験だった。

 

・アキテク

比較的模擬問題からの変更が大きかったが、妥当だといえる。これまでで一番負荷の大きい試験だった。パズル的要素が強く、理解が得点に結びつきにくかった一方、問題文に条件が記載され、かつテスト範囲が狭かったため勉強の余地は少なかった。

 

全体的にはやや甘めだったと思います。後期期末ということで、留年者が出ないように最低限の配慮がされていたのでしょう。

とりあえず留年者が出ないことを願います。