しゃつです

pianotap

テスト雑感

前半がやや大変なものの、適度に難関教科が分散した日程。

期末試験しかない科目は問題甘めに作るか?と思いきや、平常運転。全員進級は幻になってしまうのか!?

 

●ドイツ語 ★★☆☆☆

ほぼ過去問通り。過去問に絞った勉強が効果的。新聞プリント問題が異様に多く、問題数 75 問と盛りだくさんだった。ここから「比例処理」がどう入るか?

クラスでは、6点でも単位が出るという噂がまことしやかに流れている。ドイツ語教師はマジックの "" 倍率 "" が凄まじい

 

●電気回路II ★☆☆☆☆

100% 過去問(印刷物書籍持ち込み可) の電圧を変えただけ。理解してなくても100点。最後に有終の美を飾ってきた

 

●プラズマ ★★★☆☆

過去問から難化。9.5 割使う公式と論述は同じ内容だが、公式を応用する問題が増え、論述はヒントありからヒントなしになっていた (同一の内容)。中間で変える変える詐欺をしていたため今回も油断していたら裏切られた

 

●光工学 ★★★★☆

難化。2枚ガラスの作図出題。プリントにない難問 10 点。もともとの内容が難しいだけに、鬼のようなテストになった。平均は低そう

 

●電子計測 ★☆☆☆☆

過去問と一字一句違わない問題 80% + 2進数の加減算。計算法を知っていれば難しくないが、ノー対策の人が多く微妙

 

●英語 ★★☆☆☆

地力ゲー。単語は穴のあいてない所からの出題が思ったより多かったらしい。教科書本文からの出題は過去問と同じ形式。語群から選択が多く解きやすい形式だが、高専生に英語の地力を求めるのは NG

 

●光量子 ★★★☆☆

まさかの公式 1240/λ 以外全部記載。ただ書いてある通りに計算するだけの問題と知識問題に二分された。予告問題以外の出題 25 点以上。問題数が多い (2,4 点問題中心) 総合的に知識がないと解きにくい問題。論述なし、絵を描くだけや選択等答えやすい形式。予告問題を必死に覚えた意味は薄かった

 

●ディジタル回路 ★★★☆☆

過去問にない問題が 15 点。FF の動作が理解できていれば解けるが、難しい。

 

●電気材料 ★★☆☆☆

若干課題以外からの出題が多めだった。

 

●エネ変 ★★☆☆☆

点数を取らせるために先生も苦労したんでしょう…問題数が少なく、一つ一つの問題が若干入り組んでいた。論述の指定が曖昧だったため、読めないテスト。

 

●応用物理 ★★☆☆☆

プリントそのままだったが、過去問とは違い予備知識がないと解けなかった。そのせいで僕は 52 点です

 

コンパイラ ★☆☆☆☆

中間は過去問から若干変えてきたが、今回は過去問そのままだった。

 

●情報伝送工学 ★★★★★

はい、うんこ。笑
範囲全体から薄く広く出た過去問とは大きく変わって、F パラメータの問題が軸になっていた。式変形はいいものの、指数やルートを含んだ複雑な計算を要求する「点を取らせない問題」だったため、平均は低そう

 

●ソフトウェア ★★☆☆☆

基本的には計算問題が多かったが、説明問題が若干粗めだった。