pianotapメモ

pianotap

日商簿記2級 (149回) 合格しました|理系学生のための簿記2級勉強法

 

どうも、しゃつです。

149回に受けた日商簿記2級に合格しました。

理系で全く畑違いの勉強は非常に辛かったです…

得点は 12, 14, 10, 16, 20 の 72 点でした。危なかった!!

絶対落ちてると思ったのに受かってたので、驚いてます。

自分と同じような理系大学生のために勉強方法を書いておきます。

 

1.勉強時間

巷では200時間とか言われてますが、理系大学生なら35時間/2週間あれば十分だと思います。(5時間インプット+30時間問題演習) 数字を扱う試験なので実は理系の得意分野だったりします。

これは簿記3級の知識がない場合です。知識がある場合はもっと短くなると思います。

大学生の方はある程度時間取れると思うので詰め込みのほうがいいと思いますが、いかんせん勉強が辛い。

単純計算と引っ掛け問題のオンパレードで精神的に参るので、2週間毎日勉強して試験に挑んだほうが精神衛生上いいと思います。

 

2.勉強方法

 

カシオデスク型電卓 DW-122CL-N

カシオデスク型電卓 DW-122CL-N

 

 何よりも先に電卓を買いましょう。別に何でもいいですが、大きくてまともなやつがいいと思います。あと%がついてるやつ。

皆さん普段関数電卓叩いてるので慣れてるとは思いますが、電卓特有の機能がいろいろあるので確認しておくとベターです。

 

 

スッキリわかる 日商簿記初級 第2版 (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記初級 第2版 (スッキリわかるシリーズ)

  • 作者: 滝澤ななみ,TAC出版開発グループ
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2018/03/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 簿記が何かわからない人はまず簿記の基礎から。簿記の基礎に関する本は腐るほどあるので、本屋でお好みを選んでひととおり読んでください。

 

 

日商簿記2級 みんなが欲しかった やさしすぎる解き方の本 第2版

日商簿記2級 みんなが欲しかった やさしすぎる解き方の本 第2版

 

 使う参考書はこれ一択!!問題集に丁寧丁寧丁寧な解説がついた本です。やさしくとかスッキリとか使わなくても、この本1冊で試験範囲を網羅できます。お財布に優しい!

正直簿記はテキスト読んでもよくわからないので、問題を解いて慣れるのが一番だと思います。

この問題集は比較的基礎的な部分を網羅している代わりに、本試験並みの難しい問題は入っていません。本試験は引っ掛けや注意書きで溢れ、相当に難解です。

読解力に自信がある人はこれ1つで十分ですが、ない人は「あてる TAC直前予想」などをやっておくことをオススメします。

 

簿記の受験を考えている皆さんに注意していただきたいのが、簿記の合格率は乱高下するという点です。

15%の年もあれば40%の年もある何ともアホらしい試験ですが、これだけやっておけば上位15%に入れます。

コスパを重視して合格率が低い回の次に受けるのか、確実に次で取りに行くのかはお好みで…

しかし、朗報!2018年6月試験は合格率15%の難しい回でした!これは11月に受けるしかないのでは!?!?

 

3.私の勉強法

私が行った勉強から無駄な部分を落とし必要な部分を拾ったのが上記対策です。

私はもともとFP3級を所持しており、減価償却やB/S、P/Lが何かを理解していたため勉強時間は25時間/2週間程度でした。

私が使ったテキストは上記に加え「スッキリ 工業簿記」です。正直いらなかったと思います

問題集の例題を3周し、3週目でわからなかったところはわかるまで解き直しました。その後、章末問題をひととおり解き、間違えた部分をノートにまとめて試験に挑みました。

今回の簿記は難しかったらしい(過去問を見たことがないので比較できない)ですが、私も第2問を見た瞬間手が固まりました…なんとか埋めましたが

運営にはまともな問題を作る能力がないのか??もう少し合格率をならしてほしいです

 

4.まとめ

というわけで、割と日商簿記2級は簡単に取れてしまう資格なので、興味があれば挑戦してみてはいかがでしょうか。