pianotapメモ

pianotap

テスト・期末課題雑感

夏休みですね。

 

●メディア分析法
レポ★★☆☆☆
う~~ん、神!
授業のまとめをゴミみたいな文章にして、ゴミみたいな実験をやれば単位が来るので専門科目ダントツの楽単。評定も優までは取りやすい
ただし出席を取るのでうまく友達と協力しないといけない

 

メディアリテラシー
動画制作★★★☆☆
動画制作の方法を何も教えてもらわずに作れと言われるので、かなりキツイ。まあ何作っても可はくるっぽいのである意味楽単。評定は事実上ガチャ。出席あり。代返可。

 

エートス
レポ★★★★☆
正直意味わからん。意味わからんから何もかけなかった。哲学に興味ないとかなりキツイ
単位取得は難しくないが、もっと楽な上級科目はある

 

●実験Scheme
レポ★★★☆☆
だいぶ意味不明だが、授業資料に書いてあることを写すだけなら非常に楽。言語実験は人生で最も丁寧(かつ簡単)な実験だった

 

●OS
テスト★★☆☆☆
過去問に非常に似た問題(若干難化)。課題と授業スライドからまんま出題されていたが、授業中のスライドがハイスピードなためノートを取るのが厳しい
出席もなく、真面目な友達と過去問があれば楽単。若干課題が多い

 

●情報と職業
テスト★☆☆☆☆
当たり前のことを聞く意味のないテストで、出題意図が完全に不明だった。普通にやっていると良がつくという前評判どおり、全員に正解させて良を取らせるための問題なのかも。評定はきっとみんな良
どちらかというと楽単。グループ発表があるものの、

 

●経済学
テスト★★★☆☆
プリントの内容を論述で答えさせる問題。プリントにはキーワードしか記載されていないため、そこからストーリーを組み立てるのが難しい。
単位取得は標準的。出席はないものの、穴あきのレジュメを埋める必要があるため友達と協力する必要あり

 

社会学
テスト★★☆☆☆
ほとんど過去問どおり。ひねった問題は出題されなかった。
単位取得は標準的。ノートを取る必要があり、出席もあるが、ノート持ち込みはコピー可、代返も可能。評定は取りやすい。

 

●総合コミュニケーション科学
レポ★★☆☆☆
授業資料をネットに上げてくれないのが💩すぎる

 

●ビジュアル情報処理
レポ★★★☆☆
「画像処理か3DCG」という曖昧な指定のため、どれほどの質が求められているのか分からなかった。いくらでも力の入れようはあるよね
課題が多く、単位取得は大変。言われたことちゃんとやってれば取れる

 

●OR第一
テスト★☆☆☆☆
テスト前に配った模擬問題の数値が変わっただけだった。楽単枠(しかも評定も狙える)。ただし出席代わりの授業内演習があるため授業のラスト30分は出席する必要あり

 

●技術英語(デブロ)
プレゼン発表★★★☆☆
英語のうまさよりはプレゼンのうまさで評価が決まる模様。
課題が多い。出席必須。代返不可。毎回出て宿題出せば単位は来そう。でも地獄。授業中も地獄。熱湯風呂の刑

 

●ヒューマンインタフェース
テスト★★☆☆☆
過去問まんま+計算すれば解ける問題。テストは楽だが、重い課題が毎週出て辛い。しかも出席あり。単位取得はかなり面倒だが、過去レポがあれば評定を取るのは楽ちん

 

 

総括

高専時代に比べるとレポート課題が多く、テストが少なかった。テストも幅広く理解を問う問題ではなく、ある1部分をピックアップしたような問題で非常に答えにくい。大学の評定の取りにくさを痛感

あと友だちがいれば無限にサボれるシステムには感動しました。でもそういう不真面目な友達を作りにくい空気が学校全体に漂ってる。みんな真面目