pianotapメモ

pianotap

高専生の編入生活体験談 (2)九州工業大学 情報工学部

こんにちは。夏休みももうすぐ終わりですね。

 

第2弾もぞくぞく開催します。

 

九州工業大学 情報工学

 

出身学科と、進学先は?

電気・情報系

九州工業大学 知能情報工学

 

大学ではどんなことを学習するの?

基本的には他の情報系学科と変わりないが、昔流行った人工知能技術関連の授業が多い。

例えば、パターン認識や知識ベースプログラミング、推論など。また、これに関連してオートマトン理論などの計算理論にも重きをおいている。



高専では何をしていた?

なろう、スマブラ、セルフプレジャーに日々勤しんでおり、授業をサボりラーメンを食べに行って人の課題を写すような不まじめな学生。

 

受験した大学は?

九工大 推薦(合格)のみ

 

なぜ大学に進学した?なぜその学校を受験した?

周囲のノリで進学にした。

自分の興味がある研究を行っている研究室が唯一であったことと、受験難易度が簡単だから。

受験は行列の対角化と、簡単なプログラミングの口頭試問を行った。

 

大学の学生の雰囲気は?

友人がいないため不明

意識高い系学生は全体の5%ほどであると推測される。

授業態度はあまり高専と変わらないが、真面目に聞いている人も多い。

 

授業数は?

3, 4年で卒研を除きおよそ25コマを履修する。内訳は、一般教養3コマ以外は全て専門科目を履修した。

なお、専門科目の一部選択科目群では、単位認定で余った単位(学科に関連するが、大学側に適切な科目がない科目)を大学の単位として変換できる(包括認定)。普通の単位認定では「高専の科目A」と「大学の科目B」を対応させて認定するが、この認定方法では「高専の科目A」と「大学の選択科目n単位」として認定される。

これによって上限の80単位に近い単位数を獲得できる。

 

授業や課題は大変?

一般教養科目は同じ時間に開講しており選択する必要があるが、専門科目は1つの時間に1コマしか開講していない(裏科目が存在しない)ため選択の幅は広くない。そのため、編入生などは同じ時間割になることが多い。またクォーター制なので1つの授業が一週間に2コマある。

JABEE準拠なため評価方法はシラバスどおりであり、基本的には定期テスト+課題点で評定が決定する。ただし、一般教養科目や集中講義科目はレポートで評定が決定する場合がある。授業内容や課題の難易度は普通で、授業プリントやノートを見返せば十分着いていくこと、解くことが可能である。易しすぎることも難しすぎることもない。JABEEに準拠しているため、過去問を手に入れしっかり勉強すれば「秀」判定も十分狙える。

出席は一部講義を除いて、電子カードで出席するためいわゆる「ピッ」で出席を終えることも可能である。課題プリントの確保さえすれば、授業カードを通してサボることも可能だがやっている者は少ない。

実験に関しては学科によって大きく異なる。弊学科では、前期は全員同じ実験を行い、後期は選択して実験を行う。実験内容は簡単なオブジェクト指向プログラミングやネットワーク構築なので、周りと協力すれば難なくこなせると思われる。

 

大学院進学は考えている?

編入生は内部推薦が受けられないため、今のところは半々。高専在学中は修士又は博士を考えていたが、奨学金の返済が高額になるため、今は積極的には考えていない。

 

学生寮は?住んでいるところは?

ヤンキーアパート。学生寮はない。家賃は田舎並み。

 

周囲の環境

大学が坂の上にあるため、毎日通うことが大変。徒歩や自転車通学を考えてる人は一度大学に行ってみて、毎日坂を上がれるか考える必要があり。キャンパス内も坂があるため階段を登る機会が多い。健康志向の方にはオススメかも知れない。

大学から駅は約3kmと遠いためアクセスは最悪。基本的に公共バスか、大学からでているスクールバスで駅まで行くことになる。

近くで栄えているのは博多だが、駅から45分かかる。大学の周囲にはスーパー、薬局、コンビニ、郵便局があり生活に困ることはないが、他には飲食店とカーディーラーショップしかないため遊ぶ場所は皆無。無駄に車の通りも多いため一言で言うと、ただの鬱陶しい田舎である。車やバイクなどの乗用車を持っていなければ絶望しか無い。

またアパートによっては雑木林などと隣接しており、蛾、コオロギ、ムカデ、ゴキブリなどの昆虫パラダイスが待っている。

そのため、車などを持っていない場合、環境面だけで見るならば他の大学のほうが良いかもしれない。

 

後輩に伝えたいこと

TOEICは早くやっとけ